MENU
Blog

フィジー出身のラグビー選手が、4年間の留学生活を終え天理大学を卒業しました。

フィジー出身のラグビー選手、フィリモニとジョシュア(ケレビ)は4年間の大学留学生活を終えて322日に卒業の運びとなりました。

天理大学のラグビー部のNo.8 No15として鍛えられて、両名とも最終学年度には関西地区のベストプレイアーに選ばれました。今後は各々がジャパン ラグビー トップイーストリーグのセコムラガッツと秋田ノーザンブレッツに所属することが決まりました。

卒業式当日の写真ですが、両選手の日本での親代わり・保証人の()KANSEI/ドクタージャパン()社長の木下利彦夫妻が逞しい両選手に囲まれています。